ピザハウスロッソ

  • お試しメニュー
  • キャンペーンメニュー
  • 単品メニュー
  • チーズバリエメニュー
  • セットメニュー
  • サイドメニュー


詳細はコチラ >>


MENU

お試しメニュー

お試しセット★送料無料
何回試してもOKです♪

¥2,280(税込2,462)

キャンペーンメニュー

今月のセット
¥3,700(税込3,996)
絶品袋セット
¥3,180(税込3,434)
STAFF セレクトセット
¥3,180(税込3,434)
グラッチェティラミスセット
¥4,380(税込4,730)

単品メニュー

 
マルゲリータ
¥590(税込637)
生ハムのPIZZA
¥780(税込842)
カプリチョーザPIZZA
¥730(税込788)
スペシャルMixPIZZA
¥780(税込842)
ナポリ風PIZZA
¥780(税込842)
アンチョビPIZZA
¥780(税込842)
 
ミックスPIZZA
¥620(税込669)
照焼チキンPIZZA
¥730(税込788)
チーズ&チーズ
¥780(税込842)
 
ホワイトコーンPIZZA
¥630(税込680)
ツナマヨPIZZA
¥730(税込788)
ミートソースのPIZZA
¥730(税込788)
スウィートコーンのPIZZA
¥730(税込788)
 
エスニカンPIZZA
¥730(税込788)
スパイシーサルサ
¥730(税込788)
イタリアンソーセージ
¥680(税込734)
 
博多めんたいPIZZA
¥780(税込842)
小倉PIZZA
¥730(税込788)
グラタン風PIZZA
¥730(税込788)
 
究極の和風PIZZA
¥800(税込864)
シーフードPIZZA
¥780(税込842)
もち明太PIZZA
¥730(税込788)
ハンバーグホワイト
¥780(税込842)
フランクフルトのPIZZA
¥780(税込842)
ラザニアPIZZA
¥780(税込842)
 
ぷりっぷりエビ紫蘇入ピザ ¥780(税込842)
イカ墨のPIZZA
¥780(税込842)
スモークサーモンPIZZA
¥780(税込842)

チーズバリエメニュー

至極の逸品チーズバリエセット
4,380円 (税込4,730円)
カマンベールPIZZA
¥780(税込842)
モッツァレラミートPIZZA
¥800(税込864)
ピンクのマルゲリータ
¥800(税込864)
ブルーチーズのPIZZA
¥750(税込810)
ゴルゴンゾーラのPIZZA
¥780(税込842)
レッドチェダーとパルメジャーノ¥780(税込842)

セットメニュー

4枚ファミリーセット
¥2,880(税込3,110)
4枚グラッチェセット
¥2,880(税込3,110)
6枚ファミリーセット
¥4,080(税込4,406)
6枚グラッチェセット
¥4,080(税込4,406)
8枚デラッックスセット
¥5,280(税込5,702)

サイドメニュー

ダブルチーズ用チーズ
¥360(税込388)〜
ジェノベーゼ1P&5P
¥280(税込302)
生地
¥180(税込194)
ピザカッター
¥360(税込388)
ティラミス
¥1,600(税込1,728)

商品カテゴリ一覧 > メディア情報

今 回 紹 介 さ れ た 商 品 は こ ち ら で す ↓ ↓ ↓
お一人様1回限りお試しセット  店長おすすめ6月のセット  ピッツァの基本マルゲリータ


>>>拡大画像はこちら

NIKKEIプラス1 ベストEショッピング

こだわりのピザを通販で

「わざわざ通販でピザを買う人なんていない」。これが「ピザハウスロッソ」松尾悌治さんがネットショップを始める前に、周囲の人に言われたことだという。それはそうだろう。街には大手の宅配ピザチェーンが続々と進出しているし、スーパーやコンビニに行けば冷凍のものが手軽に手に入る。だが、ネットに店を出して三年たった今、同点の「伝言板」をのぞいてみると、本当に多くのお客さんで賑わっていることが伝わってくる。

「ネットのお客様は、CMや派手なキャンペーンに惑わされずに味だけで判断してくれる」と、松尾さんはその勝因を語る。では、その秘密はというと・・・・・・。

 ピザ味は生地、チーズ、ソースの三つでほとんど決まる。その三つさえしっかりしていれば、どんなものを載せてもおいしくなる。同店の場合、生地は、イタリア産の粉を独自に配合することから始まり、生地にしてから十二時間以上ねかせ、一枚一枚手で伸ばして仕上げる。

 ソースは、多くの店は缶詰のピザソースを使うが、同店はホールトマトを一つ一つつぶして作る。また、チーズは日本人の嗜好に最も合ったデンマーク産をメインに、イタリア産のものも使用。あっさり系のピザにはモッツァレラ、濃いめの味のピザにはゴーダチーズというように使いわける。

 さて、その三つの基本がしっかりしていたとしても、もう一つ外せないポイントがある。それは「焼き方」だ。同店の場合、ピザは冷凍の状態で届き、焼くのは客側だ。それを解決するのに松尾さんが発見したのが、家庭の魚焼きグリルで焼く方法。じつは、対流熱と放射熱の状態が、本格的にピザを焼く際の石釜とほぼ同じ。これだと、簡単に早く焼けるのだそうだ。

ただし、この方法は、同店のピザにのみ通用する方法で、スーパーの冷凍ピザではうまく焼けないそうなので、ご注意を。(「インターネットでお店やろうよ!」編集長 木下 修)
現在登録されている商品はありません